主婦はへそくりをするより、ソーシャルレンディングをするべし!

主婦にとって仕事は外に働きに行くだけではなく、
子どもの世話や家庭の維持、さらに祖父母や両親の介護などもあります。
それゆえ人によっては専業にならざるを得ない場合があり、
そうなってくると気になるのがお小遣いです。
働いていないから必要ないと思われがちですが、
家庭の維持を外部に委託した場合、
食事に関しては外食やテイクアウト、掃除はハウスクリーニング、
さらにシッターや訪問介護を雇うなどかなりの費用が掛かってしまいます。

給料を得ていないからといって遊んでいるわけではありませんが、
日本の場合、専業主婦に対する風当たりはあまり良いものではありません。
それゆえ自分のお小遣いを確保できない人は多く、
仕方なく食費をはじめ、生活費を工面してへそくりにして利用することがあります。
節約という面では悪くありませんが、自由に使えるお金を求めるには効率が悪いです。
それではどうすればいいのか、おすすめの方法がソーシャルレンディングになります。

ソーシャルレンディングとは投資の一種で、
お金を借りたい人と投資したい人をインターネットを通じて繋げるシステムを言います。
小額からの投資が可能となり、一度任せればある程度は放置しておいても問題ないですし、
回転を速めることも可能です。
ポイントは儲けの金額が雑所得の範囲内であれば、税金がかからずに済み、
いわゆる扶養の範囲を超えずに済みます
もちろん大金を運用すれば儲けは大きくなりますが、
同時にリスクも上がり、お小遣い稼ぎといった気持ちで行うのは危険です。
ちょっと自由になるお金を作りたい、
そういった時には1万円くらいからも可能となるのでおすすめになります。

また年間の所得が20万円以内なら原則として確定申告の義務もなく
手間がかからずに済むのも魅力です。
生活費を削ってへそくりを増やしていっても、
一般家庭の場合は一月に1万円いけば良い方で、
実際のところ、半分の5千円も難しいというのが現実になります。
さらに節約のためにやりくりするのはストレスになり、
心身に負担がかかってしまうかもしれません。
家族で暮らしていれば、電気のつけっぱなし、
シャワーの使い過ぎなど気になる点が出てきて、苛立ってしまう人も多いです。
こういったストレスを避けるためにも収入の道を見つけておくのが良く、
ソーシャルレンディングはやり方を覚えれば気楽にお小遣い稼ぎに利用できます

注意したいポイントは扶養範囲内で行うことで、
中途半端に儲けを出してしまうと税金の支払いが多くなり、
手当などが付かなくなり、損をしてしまうので気を付けてください。
また大金をかけるのも最初は控えた方が良く、
必ず儲けが出るわけではないと意識しておくことが大切です。
リスクも伴いますが、小遣い稼ぎくらいの投資ならそれほど大きな問題にはならなく、
へそくりをするくらいなら少し勉強してチャレンジしてみた方が効率的であり、
自由になるお金があると気持ちに余裕が出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る