投資初心者にソーシャルレンディングが選ばれる理由

高い利回りで運用可能な投資方法として人気が高いソーシャルレンディングですが、
金融における商品という観点では歴史が古くないため、
あまりよく理解されていないのが実情です。

そもそもソーシャルレンディングというのは、
金銭を要している企業や人に対してお金を貸してあげたいという一個人が、
オンラインを活用しダイレクトに貸し出しを行うという仕組みです。
現代はすっかり低金利が一般的になっていますが、
高い水準で推移し続けていることが初心者にとっても利点があるとして人気がある理由です。

サービスを行っている事業者側としては、
融資して頂きたい方と投資を希望している側をインターネットで結びつけを実行し、
ネットの恩恵を受けることにより、
小さなコストで運営が行われる金融市場を生成しているといった様相です。
かつての日本における証券会社を通すことなく貸し借りが行われるマーケットでは、
信用金庫もしくは銀行が独占状態にあり、
貸して頂きたい者は銀行に頼み込むしかありませんでした。

ところが、情報化が進んだことでフィンテックと言われるテクノロジーが一気に進化し、
直接的に貸したり借りたりすることが実現可能になり中間に第三者が存在しなくなったのです。
そして、ソーシャルレンディングの最大の特徴である利回りが高いのは、
手渡す側と受け取る側の双方にメリットがあることが関与しており、
どちらかに負担がのしかからないからこそ嬉しいシステムになっています。

こうした事実を知ると心配事などが頭をよぎるものですが、
ソーシャルレンディングには突出して悪いポイントはありません。
安定して利用できる理由として挙げられるのは、
近年でもあまり知名度は高くないものの、制度自体は古くから存在していたためです。
草分け的存在として知名度が高いのはイギリスの業者であり、
2000年には既に営業を開始しており、
当時から一対一で取り引きを済ませることに強く意識を持って展開されてきました。

このようなソーシャルレンディングは、
時折匿名で募金を募るシステムと一緒くたにされることもありますが、
内情を知ると似て非なるものだというのがわかります。
匿名で集めるタイプは大変多くの参加者から少額の資金を募っていくものですが、
ソーシャルレンディングは投資である上に一人ずつ取り扱う額が大きめなので、
似ていたとしても根本的には違いがあります。
特に発達していると言われている国がイギリスとアメリカそして中国であり、
中国に関しては突出して成長率が高く1500社を突破しているほどです。

これほどまで中国と相性が良いのは、あまり現金の信用力が高くないという内情が関与しています。
ネットで投資が完了させられる方式であれば、
手にした紙幣が偽造で、
全く意味をなさないとしたトラブルが事前に回避できるので支持されています。
日本でもますます成長していくことが確実視されているので、
初心者こそ投資対象として目を向けておくべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る